ダンスの専門学校卒業後の進路

将来ダンスという道で生きていくことを決めたときにまず出てくる選択肢として、専門学校に通うということがあると思います。

高校卒業後はまだ若く、すべての方面へ可能性が広がっています。そんな中で一つの道に絞るのは勇気がいることではありますが、そこで決めた強い思いが将来自分の決めた道へ進むエネルギーになっていきます。ダンスの専門学校へ進学する上で一番の不安要素としては、万が一怪我やモチベーションの低下、加齢からダンスの道を外れないといけなくなった時、学んだことが無駄になってしまうのではないかという問題があるかと思います。しかし、そんな不安は無用です。

どんな道に進むとしても一生懸命集中して努力をした経験があればたいていどこの会社でも働くことができるからです。社会で求められるのは素直で頑張ることのできる人材です。それは、ダンスの練習を通して学ぶことと全く同じことですので、本気で取り組んでいれば将来の心配をする必要は全くありません。

また、専門学校ではダンスの実技だけでなくコンピュータを使った編集作業や一般常識、エンターテイメント業界で役に立つ知識も教えてくれます。卒業後は必ずしも第一線でプロダンサーとして活躍しなければならない、ということはありません。ショーや舞台関係の裏方、そしてスクールやスタジオ経営者など専門学校卒業後の進路は多岐にわたります。専門学校で自分のやりたいことを突き詰めた結果、適正も見ながらつける職業の数は想像よりもたくさんあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *